明治神宮 花菖蒲散歩 (前編)

今年も、家族で毎年恒例の明治神宮内の花菖蒲を見に行って来ました!
6月中旬ともなると、何十台もの観光バスが連なってやってくる人気観光スポットなので、朝早く到着するように頑張っています。


     

花菖蒲苑は、「代々木御苑」とも称され、明治天皇・昭憲皇太后にご縁の深い由緒ある名苑だそうです。
     
        こんな美しい小径を歩きながら、菖蒲池へ向かいます。

まず目に入るのが、南池と御釣台(おつりだい)。
明治天皇の皇后さまが、こちらで御釣を楽しまれていたそうです。
     
             広々とした南池

池の中ほどには、睡蓮棚があり、美しく咲いています。
昨年、一昨年は、この睡蓮が枯れてしまっていたのですが、今年は美しく復活していました。
水鳥が泳ぎ、鯉が遊ぶ、都会の雑踏を離れた別天地です。


     
               隔雲亭入口

明治天皇が皇后さまのために建てられたそうです。


     
           風情のあるたたずまい・・・・。



     
           南池を望む





               美しい緑の庭園



そして、さらに小径を歩いて行くと、菖蒲田が見えてきます!

     
           ちょっと幻想的な風景です。

150種類1500株の花菖蒲苑は、本当に見事な光景です!

この日は、5237輪の開花でした。
暑い日差しの中、ぱっと見ただけで10人ぐらいの方が、花菖蒲のお手入れ作業をしてくださっています。
枯れかけたお花を摘み取り、毎日、開花しているお花を数えているのです。

実はこの花菖蒲の数どころでないほど、常に何千人もの人出で賑わうので、写真を撮ろうとすると、何百人もの人が花菖蒲の間に写りこんでしまうのですが、今年はラッキーでした♪
まだ、だーれもいない♪



                 花菖蒲が続く・・・

     
暑すぎて花菖蒲たちもぐったりとしている年もありましたが、まだ朝早かったので、みずみずしく元気でした!


     

途中の説明書きにフムフムと頷き、一つ賢くなったと満足するも、次の年にはすっかり忘れてしまっている「花菖蒲の見分け方」!
今年も「記録」と「記憶」のために、パネルを写真に撮りました。


     
       この見事な花菖蒲は、まさに、日々のお手入れの賜物です!

菖蒲田の奥には、この5〜6年ほど前から、パワースポットとして一躍有名になった「清正の井戸」があります。
この御苑が、江戸初期以来、加藤家・井伊家の下屋敷の庭園であったからです。

今は井戸を見るだけのようですが、私たちが子供のころは、ポリタンク?を持って、お水採りに来ていたことが思い出されます。

(つづく)






マジパン細工のレッスン♪

私たち姉妹がお世話になっている、ウィーン菓子のお教室 「 Backstube Ati 」 を主宰されている高山厚子先生が、マジパン細工のレッスンを開講されることになりました。

     


     

こんなにかわいらしい手のひらにすっぽりおさまるマジパンの世界。
とても素敵で、心温まる世界です・・・。

高山厚子先生の個展や、マジパン細工についてなどは、以前のご紹介記事をご覧くださいね。
こちらから。

Chez Mikiのアラカルトレッスンではありませんが、とても素敵なレッスンですので、ブログ内でご紹介させていただこうと思います!


第1回目は、マジパンの扱い方、色付け、指使いのテクニックを学び、今回はうさぎとアヒルを作り、マジパンでカバーした台にのせて仕上げるそうです。
出来上がった後には、ウィーン菓子でティータイムを楽しんで頂くという流れだそうです。

   日 時 : 6月20日(月) 10:30〜13:00
           6月25日(土) 10:30〜13:00

   場 所 : Backstube ati (目黒区東山, 池尻大橋駅&中目黒駅より徒歩)

   受講料 : (一般会員)5000円+材料費1000円(容器込み)


Backstube Atiへのお問い合わせは 日墺文化協会までお願いいたします。
こちらから

*高山厚子(ウィーン菓子研究家)*
フェリス女学院大学音学科ピアノ科卒業後、ウイーン・コンセルヴァルトワールに留学。シュタートラー教授にピアノを師事。
ウイーンガストロノーミッシェ・インスティテュートにおいて、ヴォルフガング・カルプヘン氏にウイーン菓子を師事する。
スイス・バーゼルにおいてカール・シルマン氏にマジパン細工を師事する。
その他、デュッセルドルフ、コンディトライ カフェ・マウス
ハーゲン、カンデルン、カフェ・ラコステにおいて研修を積む。
日墺文化協会主催「ウイーンのお菓子教室」講師
高山厚子著書「ウイーン菓子12ヵ月」文芸社








レストラン ル ボヌール

ずっと気になっていたフレンチのお店「Le Bonheur (ル・ボヌール)」に行ってきました!

代々木深町の交番の交差点から、徒歩30秒?
ガラス扉、木の扉と、二つの扉をあけて店内に入ると、とても静かな空間が広がりました。

     
           素敵なカウンター席が並び・・・・。


     
           テーブル席や、個室もありました。


軽めのランチコースをチョイス。
でも、メニューを見ながら説明を聞いているうちに、「本日のスープも絶対はずせない」と確信し、追加オーダーしました♪

まずアミューズ。
     
      スプーンの上に盛り付けられた、フォアグラといちじくのブリュレ

「大きなお口を開けてお召し上がりください」とのこと。
最初にイチジクの甘味が、そして次にフォアグラが口の中に広がっていき、まるでお料理コメンテーターのように、ゆっくり味わいながら頂きました。
美味しい!

次から続くメニューに、ワクワクしてきました。

     
      自家製のパン。割って頂くと、湯気がでてくるような熱々・・♪


そして、前菜へ。
     
    ホワイトアスパラガスのババロアに、ズワイガニやパプリカソース添え。

たっぷりのズワイガニたちの下には、ホワイトアスパラと、さらに下にはホワイトアスパラのムースが盛り付けらています。とってもボリュームある、それでいてさわやかな味わいです。

そして、ブイヤベース好きの私たちが絶対にはずせないと思う、本日のスープがやってきました。
     
         南仏風トマト風味の貝のスープ♪

本当〜に美味しっ!
ムール貝や、旬のアサリがたっぷり。
その旨みがぎゅーっと詰まったスープは、本当に美味しかったです。追加して良かった〜♪

そしてメインのお肉料理。

     
       十文字鶏のソテー。シェリービネガーソース添え

見た目も美しいメイン。
カリッと、ジューシーなお肉。
おソースとピッタリの味わい。グリーンリーフもなんとも言えずヘルシーで美味しかったです。
実は十文字鶏は、一口大サイズに切り分けられていて、そんな気遣いもとっても嬉しかったです。

     
        赤い果実を添えたクレメダンジェ♪

今日のお料理にピッタリのデザートだと思いました。
さわやかに盛り付けられていますが、実はすごく存在感のある逸品です。

そしてさらに感激したのは、ハーブティ。

今までコース料理のあとのハーブティが薄く感じられたり、逆に主張しすぎていたりという印象が強く、ドリンクのチョイスにハーブティがピッタリだったというお店は少ないと感じていたので、オーダーすることは少なかったのですが、「ル・ボヌール」さんのハーブティは素敵なのではないかしらと、コーヒーのほかに、ハーブティも選んでみました。


     
     なんと、フレッシュハーブがポットでてて来ました〜。一口菓子も♪

マジョラム・レモングラス・ミントがブレンドされたフレッシュのハーブティです。
透明なお煎茶のような色のグリーンが美しいし、薄くもなく、濃すぎることもなく、ちょうどの飲みごろのブレンドでした。
丁寧にお茶を頂く・・・。ゆっくりとしたお茶タイムに。

もちろん、たっぷりと注がれたコーヒーも期待通りに美味しかったです。

「軽め」をチョイスした私たちでしたが、とても十分にもてなされたように大満足!!
ランチメニューは、2520円〜6300円まで3種類。
素敵な雰囲気で、正統派なフレンチのコースを頂けます。

お料理の運ばれてくる間合いも、絶妙でした。

私たちにとって嬉しいのは、ランチの営業時間が3時までであること。(LOは13時半)
お教室に来てくださる方には、いつもレッスン後もシェ・ミキでゆっくりしていただくため、午前レッスンの後にゆっくりランチできる素敵なお店を探していました。
この日も午前レッスンの後でしたが、ランチがゆっくり出来ました。

優雅なのに気疲れしないでくつろげる、そんないい時間でした。

最後にシェフさんとかわいらしいパティシエさんにお見送りしていただきました。
シェフさんとパティシエさんのやさしいお人柄が、お店のあちこちに現れていたと思います。



     
    こちらこそ、楽しい優雅なひと時をありがとうございました!















プリザーブドでお家を飾る!

プリザーブドフラワーでお家を飾るのは、楽しいですよ♪

7月1日(金)、2日(土)には、このプリザーブドフラワーを使ったアレンジのレッスンを行います。

     
            美しいドーム型アレンジ♪

このドーム型アレンジ、基本サイズは直径15センチ、高さは10センチぐらいです。
こんもりとかわいらしい形で、脚つきの器に盛り付けても、テーブルに直接置いても、また、壁にかけても、かわいらしい万能のデザインなのです。
ラウンドアレンジと似ていますが、実はラウンドより、もっとたくさん花材の分量が必要なアレンジなのです!

このドーム型アレンジ、土台の裏もきれいに布張りされていま〜す。
シェ・ミキでは、実は玄関ドアの目印としているのに、皆さま気づかれましたでしょうか?

     
        内廊下を歩いて頂くときの、目印に・・・。

     
       大きさぴったりに作って頂きました♪
     
     
    そして、お部屋の内扉にも、小さいサイズを3つ縦に並べてみました!

実はこの内扉、厚みのあるリースを掛けてしまうと、ドアを最後まで開ききることができなかったので、扉のすりガラスの部分に収まるように、そしてドアを最後まで開けきっても壁とぶつからないぎりぎりの厚みで、小サイズを作って頂いたのです!
これで、お部屋の動線もスッキリしました〜。

このドームアレンジメント、実は昨年9月、シェ・ミキ初めてのフラワーアレンジ部門デビューレッスンということで、思い出深い、そしていろいろな力を注ぎこんだ課題でした!


      
       昨年9月は、森のようにかわいらしい世界でした♪

前回のどのアレンジも、「借りぐらしのアリエッティ」の世界が再現されたかのように、小人さんが出てきそうな夢あふれる世界でした。
前回のも大好きな世界でしたが、今回は、グリーン&パープルの、大人な世界です!

実は、最初のドームアレンジは、実家の母が注文させていただきました。
「チェコガラスの大きな器の上にのせるアレンジ」をということでお願いしましたら、直径30センチ程度の巨大なドームアレンジを作って頂き、そのゴージャスで美しかったこと!
(写真は、探し中)

とっても素敵なので、発表会などのお祝いの場に、ケーキボックスに6個詰め合わせてお持ちしたときも、とても喜ばれました〜♪
そのほか、自宅やお教室のあちこちに飾るものなども、かれこれ10個以上注文させて頂いたかもしれません。(いろいろな場所に分散されていて、記憶が・・・?)
そのくらい、大好きなアレンジパターンなのです。

と思いつき、3連アレンジを飾り始めたのが、確か今年の2月。
そのころから、お客様の中でも、目にとめて下る方が増えてきて、嬉しい限りです♪


     

今回は、シェ・ミキの内扉のように連続して飾りたいとおっしゃってくださった方がいらしたので、基本サイズだけでなく、一回り小さなサイズもご用意しました。
追加キットが必要な場合は、早めに大きさと個数をお知らせくださいね。
小さいサイズは、2個以上ということでお申し込み可能です。
このキットの追加のお取次ぎをいたします。

シェ・ミキのHPと合わせてご覧くださいね。
こちらから。


なお、プリザーブドは、室内に飾っていただくととても長持ちいたします。
私の家では、5年たっても美しいままです・・・。(お・得・・・♪)













八天堂♪

 昨日のミネラルファンデーションレッスンの時、八天堂のお菓子を差し入れて頂いてしまいましたっ♪

「冷やして頂くと、ますます美味しいんです」とのお言葉。さっそく冷蔵庫へ・・・。

    
     でも、レトロなパッケージで、見たとたんにワクワク・・・♪
     レッスン中にこっそりパチリ!

「シュークリームかしら?」と良く見てみると、「くりーむパン」だったのです!

八天堂さんの「くりーむパン」は、全部で5種類。
カスタード・抹茶・小倉・チョコレート・生クリーム。

もっちりした生地&とろけるクリームの組み合わせ。
冷蔵庫で冷やすと、ますます美味しい〜。(❤)
ありがとうございました♪

お教室にいらしてくださるお客様から、美味しいものをはじめ、他にもいろいろ教えて頂いている私たち。
「ブログ見てま〜す」とお声掛けしてくださるだけでも、とっても励まされる私たち。
(今日は、勢いづいて1日に2コラムアップしました〜。笑)


これからも、頑張りますのでよろしくお願いいたしま〜す!








アイスティーを作っています♪

今年は、早めの梅雨入り。
じめじめとした季節が続きますが、少しでもさわやかに過ごしたいですね♪

先日、またたくさん紅茶を買ってきました〜。

        
                 紅茶がずら〜り!

キャラメル&ラム・・・キャラメルをまとったルイボスティにラムの香りでアクセント
キャラメル&マキアート・・・キャラメルとコーヒーの香りが楽しい
ボンボヤージュ・・・世界中のハーブ・スパイス・ドライフルーツがミックスされたハーブティ
ダルマ・・・インドの紅茶と果物をブレンド

アイスティーの方がより美味しく感じられる紅茶を自分たちなりに発掘♪

       
       ルピシアから出ている水出し用のハンディークーラー♪

このハンディークーラー、実は専用茶こし付きでとっても便利です。
夜に茶葉とお水だけセットしておけば、次の日の朝は冷蔵庫の中で出来上がり♪

水だし抽出後も茶葉を入れっぱなしにしておくのは、NGだそうで、出来上がったら引き上げま〜す。
この写真の日は、ボンボヤージュでした。
マスキングテープにメモして、ボトルに貼り付けておきます。
ボトルごとに、紅茶の種類を書いておかないと忘れちゃうので、ちゃんと貼っておかないと・・。(笑)

気温の高い日などは、レッスンにお越しいただいた方に、まず水だし紅茶でゆっくりスタートして頂きたいです♪

一応、お教室のお掃除の時に、次の日の分を作る習慣にしているのですが、たまに、うっかり。(笑)
それに時々、消費が早く切らしてしまっていたときは、ごめんなさいっ。


Let's try again!

 震災復興のためのスペシャルプロジェクト“チーム・アミューズによるスペシャルチャリティソング『Let's try again』!

4月から配信されていた「Let's try again」がCD&DVDにリリースされ、5月25日より発売予定となっていたので、楽しみに予約していたものが、先週届きました〜♪

     
             Let's Try Again!

桑田佳祐さんを中心に、事務所アミューズの福山雅治、BEGIN、ポルノグラフィティ、Perfumeなど総勢54名が参加して“チーム・アミューズのチャリティー企画です。

「本商品と本作品の音楽配信によりアミューズが得られる利益のすべては、アミューズ募金を通じて日本赤十字社及び地方公共団体に対して寄付され、被災者救済のための救援活動及び復興支援活動等の資金として使われます」

とのことで、定価は1300円。

     
               CD&DVD

DVDには、メイキングも収録されていて、出演者の一人ひとりの思いが伝わってきて、
ジーンとしてしまいました。
地震で直接被災したわけではないのに、震災以降、気持ちが落ち込みがちな私にとって、
この音楽でとっても、元気が出てくる思いです!

You Tubeサイトはこちらから

     
        今回のアーティスト全員のサインステッカー入り♪

映像では、どのアーティストがどこにいるのか、探すのが大変!(笑)
メイキングでは、福山雅治さんがこの企画のアイデアを出し、桑田圭祐さんを誘った?というようなエピソードも入っていましたよ〜。
とにかく、この一致団結感、さすがサザンの桑田さんのパワーを感じる作品でした♪

こんな風に自分が元気づけられ、震災復興にもなる、二重に嬉しい企画でした!





アンチエイジング効果のある紫根せっけん♪

「紫根(しこん)」をご存知ですか?

ムラサキという植物の根っこだそうです。
抗炎症作用や殺菌作用の効能があり、漢方の材料として使われていたそうですが、
「魔女たちの22時」で、その美肌効果が紹介されたことから、注目の素材なんです。

しみ・くすみの改善や、しわ・たるみの改善などの美肌効果、まさにアンチエイジング効果で、人気が急上昇しているのだそうです。
このありがた〜い「紫根(しこん)エキス」を配合させた、手作りアロマソープレッスンが、急きょ企画されました♪

      
        深〜い紫色です。この紫に秘密があるのですね!

講師は、満田恵先生(AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト)
レッスンは、6月4日(土) 13時半〜となります。




詳しくは、シェ・ミキサイトHPをご覧くださいね。
こちらから。


ご興味のあるかたは、メールにてokeiko-info@chez-miki.comまでお問い合わせくださいね











ルームスプレーを作りましょう!

6月のアロマコスメレッスンは、ホームフレグランスがテーマです。

ムシムシとする梅雨の時期を、少しでもさわやかに過ごせるように、ルームスプレー(アロマミスト)とアロマキャンドルを作りましょう。

     
       ガラスにアロマキャンドルを盛り合わせてみました〜♪

虫よけ成分も配合したルームスプレー(アロマミスト)、おうちの中にシュッシュッ♪
部屋干しのお洗濯ものにシュッシュッ♪
もちろん、体にも良いもの成分だけで配合されているので、虫よけスプレーとしても使えるそうです。

今回の蜜ろうのアロマキャンドルは、かわいらしいチョウチョの抜き型で作ります。
精油だけでなく、お好みでローズマリーなどのリーフを混ぜこむと、透けて見える葉っぱもシックでお洒落♪
小さなガラスに盛り合わせて、リビングなどの床に置いておくだけでも、何だか絵になるし、やさしいアロマ感が漂いま〜す。


今回は、今まで通りのメイキングはもちろん、普段からご自身の生活にアロマを取り入れていらっしゃる満田恵先生の、アロマのレクチャーも楽しみご参加くださいね!
手作りコスメを楽しみながら、アロマの正しい知識を持って帰っていただきたいと思います。

精油も、香りや効能など、お好みで選び、ブレンドしていただきます!
どんな精油がでてくるのでしょうか?ワクワクですね♪
どうぞ、お楽しみに・・・♪

6月13日(月)13時半〜のレッスンになりま〜す!
詳しくはHPをご覧ください。
シェ・ミキサイトのHPはこちらから




なお、前回のUVミネラルファンデーションの追加講座を、6月1日(水)14時より行います。
前回のレッスンの様子は、こちらから

ご興味のある方は、お気軽に落ち合わせくださいね。
お問い合わせ&お申し込みメールは、okeiko-info@chez-miki.com宛てに、お願いいたします。









新緑の季節 その2

できれば、「その1の記事から、通しでお読み頂けると、嬉しいです♪

明治神宮といえば、美しい砂利の参道を思い出される方が多いと思います。
が、実は参宮橋側にある宝物殿広場の前は、緑の丘が広がっています。

     
        宝物殿(土日を中心に、開館しています)

宝物殿には、歴代の天皇125代分の肖像画が並んでいます。
天皇家ゆかりの品々の陳列の中で、ひときわ目を引くのが、6頭曳馬車です。

     
               宝物殿前の広場

この宝物殿前の広場は、私たち家族にとり思い出深い場所です。
幼稚園に入るくらいまで、代々木に住んでいましたので、
公園デビュー(?)は明治神宮のこの広場だったそうです。

確かに、小さいころの写真は、ここで撮ったものばかり。
緑の丘がずっと続いていたように感じたものです。
静かに読書を楽しむ人、スケッチする人・・・。
さすが明治神宮内であるので、騒々しいこともなく、
お隣の活気あふれる代々木公園内の様子とは全く違います!

時を経た今でも変わらずいてくれている、本当に気持ちのいい場所です!


      
          この風景、ゴルフ場みたいに見えますね。


     
            新緑!この明るいグリーンが見たかった♪

明治神宮の森は、新緑であふれていますが、
一番好きなのは、宝物殿前にある、もみじたちです!
ひときわ、やわらかいグリーンで、みずみずしい。
「他の大木に負けないようにね」、お気に入りの葉っぱにタッチし、応援しながら通り過ぎます。

その年により、燃えるように赤く美しい紅葉にまでたどり着く場合と、
戦いに負けて、力のないかさかさの紅葉になる年とあるからです。
木々同士の生存競争を感じる場所です。

     
            こんな竹林もあります。

原宿側と違って、こちら参宮橋エリアは、人も少なく、のんびりです。
近所の保育園児が、先生に手をひかれ、ピヨピヨと楽しそうに隊列を組んでやってくるのも、
とてもほのぼのした風景です。(歩くのが遅くって、かわいい♪)


     
       東京乗馬倶楽部(後ろに見えるのはNTTドコモのビル)
       左手の大きな木に、ツタがからまっていて素敵な雰囲気

参宮橋側の出入口のところにある、「東京乗馬倶楽部」
クラシックな雰囲気の由緒ある馬場です。
入会には、2人の紹介者が必要だそうです。
いつかここでお馬にのってみたいと思いますが・・・。
夢でおわるのかな?


     
          代々木公園前の道路(ゴールに近い)

車の途切れた瞬間を撮ってみました。

緑の少ない東京ですが、こんな風に自然を感じられるウォーキングを出来るのは
とてもありがたいこと。
といつも思いながらお散歩を終えるのです。









calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM