銀座で、茶箱を展示中です!(4月20日〜5月20日まで)

銀座にあるブランド洋食器専門店「MARIA AMARIA(マリアアマリア)」さんの9周年誕生祭のイベントに、お稽古サロンChez Mikiとして、参加させて頂きました


4月20日、21日は、お得意様に向けてのスペシャルイベント企画ということで、フラワーアレンジのデモンストレーション、テーブルアクセサリーコレクション、コーヒーセミナー、西洋アンティーク講座、そして私たちChez Mikiからは、フルーツアート講座、フルーツカービング講座、そしてインテリア茶箱の展示&受注会をさせていただきました



            

            

マリアアマリアさんは、銀座の三越と松屋の間にある三菱東京UFJ銀行のあるビルの4Fのショップです。何と130坪という国内最大規模を誇る優雅な空間・・・。

マイセンや、ヘレンドを始め、最近は百貨店の食器売り場ではお目にかかることが難しくなったアウガルテン、KPM、ロイヤルコペンハーゲンのフローラダニカなども飾られています。

中でもマイセンコーナーはとても充実していて、百貨店のイベント大マイセン展などでしかお目にかかれないような陶板やフィギュリンが常設されているのです・・・。
とっても、目の保養になるのですよ〜。

今回は、そんなマリアアマリアさんの9周年の誕生祭イベントでしたので、スイカとメロンで誕生祭のカービングを、エントランススペースに飾らせて頂きました

       
            すべて前日の作業なので、夜なべ仕事に・・。


                            
                  9周年のメロン



そして、素敵な食器に囲まれて、インテリア茶箱を飾って頂きました〜

    
             こちらは、前日の搬入時の様子

後ろの食器は、ヘレンドの「ウィーンの薔薇」たちなので、食器さんにご迷惑かからないよう、冷や冷やしました〜

    
             そして、当日はこんなディスプレイになりました!

雛段のように、なっています〜。
マリアアマリアさんには、POPちらしや、説明書きなども美しく作っていただき、感激・・・そして、緊張です。

何と茶箱の方は、5月20日まで展示&販売して頂いております。

参考出品が2点を含め、合計7点、インテリアボードは4種類、中段の右側が、今回マリアアマリアさん用にお作りした新作です!
生地はもちろん、タッセルとロープの組み合わせ、納得いく組み合わせになるまで、何度も何度も試作してしまいましたっ。(前日まで作っていました・・

左下のモリスの茶箱も、最初のモデルより進化しましたよ〜。
ロープやタッセルを組み換え、脚がつきました!(脚はオプションです。)
お隣の、紺のテーブルウェアの前に移動させてみると、地味派手で、素晴らしい華やかさになりました。(お写真撮ればよかったです・・。)

そして、フルーツアートとカービングの体験セミナーも無事終了いたしました。

     

マリアアマリアさんの食器をお借りして、とってもお洒落に仕上がりました。


           
             パプリカでお野菜カービング

ワークショップにご参加くださった方、おひとりづつが、皆さまこのお皿1枚づつの作品を仕上げられました。そして盛り付けたものを、その場で試食される方、お持ち帰り用タッパーとギフトバッグをご用意しましたので、そちらにセットしてお持ち帰りになる方もいらっしゃり、好評とのことでした〜。


イベントまでの数日間は、美味しくて形が良いフルーツ素材を求めて、林フルーツ、紀伊国屋、成城石井などを、毎日のように梯子・・・・。自宅には山のような野菜とフルーツであふれ、なかなか準備は大変でした。
インテリア茶箱のように、作り置き?出来るものと違い、素材の仕入れはドキドキです

                     

         
                 お家での試作の数々・・・。           

イベント中は段取りに追われ、あまりの余裕のなさで、ブログに必要なお写真を撮るのを忘れがちになってしまいました。

そんな中でも、フラワーデザイナーの能村氏の「食器を器にしたフラワーアレンジ」には心を打たれました

           
              マイセンのお部屋で催されました。

           

ヘレンドの「ウィーンの薔薇」への生け込みですが、お庭にあるようなお花たちが、そのまま器に表現された、心温まる空間となるのです。
こんな自然体に見える作品こそ、プロの技術なのだと・・・感激いたしました。


私たちはお手伝いする側で参加させて頂いていたのに、あまりにも魅力的なショップの品ぞろえ(誕生祭期間中は、スペシャルセール期間)で、いつの間にか自分たちも、お客様のように、お買い物を・・・

戦利品たち。お見せしちゃいたい〜。と思いつつ、それはまたいつかに。





今回展示させていただきました、茶箱、どの子も私のお気に入りのものばかりです。

Chez Miki 茶箱サロンの茶箱Talkingお休み中の現在も、ご参加のお問い合わせを沢山いただいておりますが、次回は5月末を予定しております。
それまでの間、もしよろしければ、こちらのマリアアマリアさんのほうで、一度私のインテリア茶箱をご覧頂けましたら・・と思います。

エレベーターでご一緒したお客様が、「銀座に来るときは、必ずマリアアマリアさんに立ち寄るんですよ〜。」とお話下さいました。とっても気持ちのいいスペースなのです。
私たちも、そのような場所で展示させて頂けますことに、本当に感謝の思いでいっぱいです。

毎日あわただしく、ブログアップも大いに遅れ、会期が始まってからの皆様へのご案内となりまして、申し訳ございません。
会期が長いので時々ショップに行かせて頂くかもしれません。
偶然お目にかかれましたら、是非お声掛けくださいね。


マリアアマリアさんのイベントを通してシェ・ミキを知って頂き、お問い合わせ下さいます時は、
お名前・ご住所などと一緒に、その旨添えてご連絡下さいね
okeiko-info@chez-miki.com

よろしくお願いいたします。







アロマ茶箱♪

最近Chez Mikiに茶箱を作りに来てくださる方の「茶箱脳」ぶり、そして情熱には、もう毎回脱帽です

前回15Kサイズのハンドメイド石鹸のお道具入れを作ってくださり、今回は、エッセンシャルオイルを収納する小さな茶箱に挑戦してくださいました。

シックでエレガントな、ブランコ柄のトワルドジュイを使ってののりMサイズの茶箱です。
茶箱Talkingにいらしていただいた時、一目でこの布を使って何かを作りたいと思って下さったそうです。

そうそう、そういう出会いの生地ってあるのですよね〜。

     

生地の柄の配置をいろいろシュミレーションしながらの裁断!

     

フタ部分は、シックでロマンティックに、ボディは、お花柄のガーランドを生かして、スッキリとした仕上がりに・・・。
とても端正に仕上がりました〜

実はこのアロマ茶箱ちゃん、内張りされてます
高価なエッセンシャルオイルを収納するので、やっぱり、内側もゴージャスに・・・
そして、後ろにヒンジをつけ、箱をあけっぱなしの状態にもできま〜す。

     


とってもお洒落な雰囲気になりました〜。
内側のブレードも、効いていますよね。

箱のふたの内側には、メタルビーズでデコレーションをするプランとうかがってから、私もとても楽しみにしていました。

そして後日こんなお写真を送っていただきました。

          
           すっご〜いなんてゴージャスな仕上がり。

もう私も、お写真を見せていただき、感激してしまいました。
小さな茶箱なので、アイロンも入らず、3時間かけて装着してくださったとのこと・・・・・。
その情熱が、すっかり茶箱ちゃんに伝わっています。

本当に世界でたった一つの茶箱になりました〜

     
        エッセンシャルオイルや、お気に入りのものを収納

そして、前作の15Kの茶箱とセットの写真も送ってくださいました。

          
                 う〜ん。かわいっ 素敵
 

茶箱計画のときには、インテリアも大好きなご主人さまのアドバイスを聞かれながら、プランを練っていらっしゃるそうですよ。素敵ですね〜。
Mさまの茶箱ちゃんへの愛情が伝わってくる、素敵なお写真。

こだわりのインテリアボード、ランプシェード・・・。
お家の中が、これからも素敵に彩られていくのでしょうね〜

私も楽しみにしております
ありがとうございました。














母の日ギフト(インテリアボード)のご案内♪

まだまだ寒い日もありますが、4月に入り桜は満開
また新生活が始まりますね。

今年の母の日ギフトはお決まりですか

今回Chez Mikiでは、GW前後に、簡単に作れるインテリアボードのレッスンを企画いたしました

カルトナージュでいえば、ペルメル、フォトフレーム・・・などなどいろいろな呼び名で親しまれています。
今回のレッスンでは、木製の板とタッカー(ホッチキスの大きいような道具)を使うので、とても簡単にでも丈夫なインテリアボードを作ることができます。

45センチ×30センチの八角形サイズの木のボードを使うので、それだけでもとってもお洒落です。
生地は、フランスのファブリック2種類ご用意いたしました


お写真は、どちらも仕上がりのイメージです。


何度か試作の上、従来のものに数か所の改良を行い、ピッタリの紐やブレード、金具・裏地までこだわりましたよ〜。

Aの植物柄は、まさに上品で華やかな仕上がりになります。ちょっとヘレンドの食器のを想像させる感じでもありますね〜。

Bは、白地にピンクのトワルドジュイの生地で、とてもロマンチックに仕上げてみました。
Bは、柄の配置により、横型パターンも2つご用意しています。

ちょっとした写真、ショップカード、家族の伝言メモ・・・などなど挟んでお使いになるのに、ピッタリです。
あまりに便利だからと、挟みすぎにご注意を

ご自宅使いはもちろん、母の日ギフトや、お世話になった方へのお礼・・などなど。
別途ギフトラッピングもいたします。
メッセージカードを添えてプレゼントするのも、お洒落ですよね

     
             ギフトラッピングイメージです

インテリア茶箱を作ったことがない方、タッカーを使ったことがない方でも素敵に仕上がる、お勧めのレッスンです
この機会に、是非挑戦なさってくださいね。




 日 時 : 4月25日(水)10時〜   →満席となりました。
              4月28日(土)14時〜
              5月10日(木)10時〜

               各回 定員4名様までとなります。

 受講料 : 8500円(必要な道具類、工具類などはすべてご用意しております。
                             お持ち帰り用の袋だけお持ちください)

Chez Miki のホームページでもご案内しております。
こちらから。

お申し込みの際、AかBをお選びになり、ご連絡くださいね。

お申し込み&お問い合わせは
okeiko-info@chez-miki.com
までよろしくお願いいたします。



まで、よろしくお願いいたします。





大人っぽく・・・

先日お越し頂きましたお客様の茶箱たち。
お二人とも、「大人っぽく」の仕上がりが目標

同じ「大人っぽく」でも、私たちの中では、「大人かわいい」や「大人シック」や、「大人エレガント」などなど・・色々あると考えて、あれこれ研究してしまいました。

そして、こんな「大人エレガントな」茶箱が仕上がりましたよ〜

     

オリジナルキットのブラウンベージュ15Kを選ばれました。

「大人っぽく、華やかな仕上がり」を目指して・・。
レッスン前に、ご主人さまとも色合いなどを相談されたいらしたという、とっても初々しい魅力をお持ちの奥様
制作前から茶箱への並並ならぬ熱意や愛情!を感じておりましたが、作り終わった後の達成感もひとしおのことと思います。
「何かあったときには、これを持って逃げます」など笑いながらおっしゃってくださいました。
本当に素敵に仕上がりましたよ〜。

無事お持ち帰りになられ、ご主人さまにもを頂けたそうで、ホッといたしました〜。

先ほど、ご自宅使いの様子のお写真を送っていただきましたので、早速アップさせていただきま〜す。

     
         こんな風に手作り石鹸の道具がきれいに収納

ハンドメイドのアロマ石鹸作りも、ますます楽しくなるのではないでしょうか
こんな風に仕上がると、趣味のお道具類を、堂々とリビングにも収納出来ちゃいますね。


次の大人っぽく・・・は、こんな「大人ステキ」な茶箱です。

私自身以前作った1Kサイズの小さな茶箱と同じものを作りたいとおっしゃってくださったお客様、絶妙な甘辛バランスですね〜

ボディはピンクとブルーの起毛した模様のフランスの生地、ピッタリの色のエクセーヌのような素材でフタを作りました。どちらも生地が厚いので、ちょっと難しいのです。
が、とっても丁寧に仕上げて頂きました。

      
         手前のピンク&ブラウンのタッセルヴァージョンが素敵
           (奥の茶箱は、私が以前に作ったもの。)


今回仕上がった手前の茶箱は、ブラウンとピンクのシャギーになったタッセルが、とってもお洒落で決まっています。可愛いけれど、大人な選択?ではありませんか

実は、この茶箱は、内側にライニングもされています。

       
        こげ茶の内張りが、小さな茶箱をさらにグレードアップ

ピンクの茶箱でしたが、中学生の息子さんにも、好評だったそうです。
茶箱が家族の会話のきっかけにもなったり、これもまた嬉しいですね。

ありがとうございました。














特大サイズ(90センチ×60センチ)のインテリアボードが出来ました♪

今日いらしてくださったお客様。
「今年の新作フォトフレームのお披露目♪」として茶箱サロンに置いてあった特大サイズのパネル生地を、とても気に入って下さって、同じものを・・とのことでした。

     
             生地アップ画像です

動物たちがゆうゆうと配置されていて、南の楽園のような雰囲気のする、とっても素敵な生地なのです
リピートが大きいため、茶箱には不向きかしら?と私自身もインテリアボードとして、タッセルを飾る目的で制作したものです。
こういう柄に弱いです・・・。
持っているだけでも嬉しい・・・・私にはそんな種類の生地なのです。


     
             こんな風に完成しました

動物さんたちをさえぎりたくなかったので、柄をよけつつ、構図が引き立つように、1本1本、ブレードの配置を、真剣に考えながらの制作となりました。
(タッカー使いも、グルーガン使いも、どんどん上達中・・・


私のパネルでは、コーナー周りの4か所を2本使いのベルベッドブレードで、シンプルに仕上げましたが、今回はさらにヴァージョンアップ、センターにさらに2本のこげ茶のブレードラインを加えることで、さらにインパクトアップしました!
素材も色も違うブレードたちを組み合わせ、絵柄とピッタリの相性で、さすがです〜

ところがここでレッスンは終わりません

彼女の頭の中には、タッセルを装飾に使う計画が・・・。
そして、このアースカラーの作品にぴったりのキータッセルを8個選ばれ、動物さんたちの周りに配置して出来上がり
お見事です

今日もまた、完成度の高い作品が誕生しました〜。

この大きなパネルをお部屋において、少しでも癒されていただければ・・・と思います。


この特大パネル(90×60センチ)のセット、あと1つ分作れるサイズが残っております!
⇒ご予約済みとなりました。















仲良しな茶箱♪

ポーセリンレッスンにもいらしてくださっているGさまと、そのご友人のFさま。

     
         全く違う生地なのに、やっぱり茶箱同士も仲良しな感じ

どちらも15Kサイズです。こげ茶繋がりで、並べて置いても、マッチする組み合わせですね〜。

とても家庭的でありながら、洗練されたセンスをお持ちのFさま。
シェ・ミキのオリジナルキットのブラウンベージュの生地で制作されました

ブラウンベージュの部分の色味が大好きとのことでしたので、その色部分を活かすように、裁断

最後の装飾では、ロープの色、キットの組み合わせパターンの白いストーンタッセルを使うかどうか、正面にグルグルをつけるかどうか、リボンをあしらうかどうか、などなど、普段は何事にも決断の早いF様が、今回だけは本当に迷われていましたが、やはり、このサンドベージュのフランスのタッセルをとても気に入って頂き、それが決め手となり、このようにシックな仕上がりにまとまりました。

     
        Fさん同様、シックでかっこ良い茶箱になりました〜

Fさまは、以前5〜6年前?雑誌 STORYで「インテリア茶箱」が紹介されていたのを目にされて以来ずっと、機会があったら茶箱をお作りなってみたいと思ってくださっていたそうです。
今回、ようやく念願の茶箱が完成して、本当に喜んで下さり、私たちもその様子に、またまた元気を頂きました!


そして、何事にも丁寧に打ち込まれる、かわいらしいセンスをお持ちのGさま
Gさまは、私の展示会作品の特注茶箱を気に入ってくださり、同じ生地の組み合わせで15Kに挑戦されました。

     

Gさまの茶箱は、生地が違ってはいても、Fさまの茶箱装飾の選択肢と全く重なり、いろいろなパターンが可能だったため、迷われていましたが、光沢感の美しいフランスのタッセルと、真っ白なはりのあるリボンの組み合わせに無事決定し、かわいらしく、エレガントに仕上がりました

この茶箱は、生地の裁断がちょっと大変ですので、事前にお預かりして、しっかり計画をたてて裁断をさせていただきました。
こだわりのポイントは、外レールも内レールも、ボディとおなじストライプ生地を使うことで、質感と色合いを統一させること


フタ部分も、どのお花をフレーミングするか、ああでもないこうでもない、と姉と二人でシュミレーションしてます・・・。

夏には、特注サイズの大きな茶箱をお作りになる予定で、お家の中で同じパターンが2つ誕生するのも、本当に素敵だわ〜。と羨ましい限りです
特注サイズが発注できるようになるまで、もう少しお待ちくださいねっ。












ソファとお揃い生地でキュートなスツール♪

先日いらしてくださったHさま「茶箱Talking」 にご参加下さって以来、生地迷い&生地探しなどを経て、「とうとう生地が決まりました!」とご連絡いただきましたのが先月終わりごろ。
ちょっとお待たせしてしまいましたが、ようやくレッスンが実現しました〜。

とってもお洒落なHさまが、どんな生地をお持ちくださるのかしら
オーダーしたソファと同じ生地を取り寄せることに成功されたのだそうです

     
                     生地アップ

ピンクブラウンのようなお色で、リーフ模様部分が少し浮き上がって見え、また、布目が美しいグラデーションの筋状になっていて、これがとってもアクセントになってる素敵な生地でした!

スツールを置くお部屋のインテリアやソファのお写真、生地サンプルなど送っていただき、1つのスツールを作ることに、こんなにこんなに事前に下調べしてくださって、「これは私も頑張らなければ!」と思う日々でした。


     
        どうです??何てキュートな椅子なのでしょう

レール部分などを共布を使わず、チョコレート色で、やや光沢感と筋目のある生地を使い、ソファとお揃いでありながら、茶箱スツールならではのアレンジを加え、控えめだけれどかわいらしい作品に仕上がりました!

今回は4本脚をつけるかどうか決まっていなかったのですが、底の4か所に補強してあります。
ちょっと短い脚のような段差感も、なかなか素敵です


1日で出来てしまうスツールですが、長〜い準備期間中のメールも楽しく、前日にも「明日が楽しみ」、当日の朝にも「今日はいよいよ・・」などのやりとりで、私もこのスツールの誕生をとても心待ちにしていました。

私もHさまもこげ茶が大好き。ピンクも大好き。リボンも大好き・・・。
お手伝いさせていただきながらも、このスツールをお持ち帰りになるのが、羨ましくてたまりませんでしたっ。


忙しい毎日の中なのに、気付くと茶箱製作について考えてしまっている・・・。
頭の中を、茶箱が飛び回っている・・。

こんな状態を名付けて 「茶箱脳」 と呼ぶことにしました

茶箱脳の持ち主の皆様と、お会いできて本当に幸せです





 


  



ランプシェード作り♪

茶箱サロンにお越し頂いた時に、置いてあったランプシェードにもご興味を持って頂き、リクエストくださったお二人に、「もしいつか、シェードに似合う生地が見つかりましたら・・・」とご案内(昨年?)してから長らく・・・。

作り方はとっても簡単なランプシェードですが、どんな生地でもOKというわけでもなく、そんな中からやっぱりモリスのこの生地が素敵と思い、ようやく実現

     
              とーっても素敵に出来上がりました!

お二人とも、本当に完成度高く仕上げていただきました〜

Sさまご提案で、こんな風に並べてお写真Timeを楽しみました

     

そうそう、同じものを両側に二つって、やっぱり素敵ですね〜
しばし、タイムトリップしたようなそんな空間になりました。

ありがとうございました





風呂敷茶箱♪

 N様お持込みの素敵な風呂敷で、素敵な茶箱が出来上がりました

     
         毛利家伝来の貝合わせの絵柄となっています

大切な書類を保存されたいとのこと・・・・。
大きさをチェックした結果、今回は10KSでの制作となりました。

     
              じゃーん♪ こんなにゴージャスに。

裁断の時には、外レールとボディの柄あわせをした方がいのでは?と
風呂敷をじっくり観察・・・。

絵柄の向きや模様が配置が、(こんなにそっくりに見えるのに)すべて違うパターンだったこともあり、仕上がりの絵柄バランスやコントラストを重視して仕上げることにしました〜。

Nさまは、普段から風呂敷が大好きで、集めていらっしゃるそうです。
和のエッセンスの茶箱は、お着物や帯などを素材に使って・・・という方程式に、新しく風呂敷も加わりました。
こんなにもスッキリと、格好よく決まり、とっても爽快な気分に。
そしてこんな風に、新しい可能性に遭遇すると、ワクワクします〜。


     
          キリッとしたシェイプ。私も自分用に欲しいです〜

Nさまは、お家のこと、お子様のこと、お仕事のこと、いつもフル回転でこなされていて、(お話を聞けば聞くほど、私など頭が下がってしまうのですが)、最近は実用的で、そしてインテリアとしての表現力もある茶箱を目指し、今、茶箱脳になっていらっしゃるそうです・・・。

私たちもとても元気を頂きました。ありがとうございました








ちょっと贅沢なドライヤー茶箱♪

今日の雪はすごかったですね〜。
代々木公園は、もう真っ白白の雪景色そのものです。

先週茶箱のレッスンで、新しい茶箱が誕生しました
初回で、オリジナルキットでジュイ柄の茶箱を作っていただいたHさま。
今回は、ドライヤーを入れるための茶箱を作られました。なんて贅沢

「前回大きかったから、今度は小さい箱を作ってみたい。ナノイードライヤーを入れようかしら?」とおっしゃっていらしたので、のりM茶箱に、私の手持ちのナノイーを入れてみたら、ピッタリ

 ということで、「のりM(27cm×24僉滷隠鍬僉法廛汽ぅ困砲覆辰燭里任后

     

花柄入りの赤のストライプ、
とってもクラシックな雰囲気に仕上がりました〜。
タッセルは、思い切って赤とオフホワイトのポンポンタッセルを組み合わせたら、これがまた暖かく、可愛い感じに・・・。

Hさま、とっても観察眼鋭く、ご自分で気づいて、ストライプの間にある花模様の左右位置合わせ、上下位置合わせ、熱心に取り組んでくださいました。

今回は2個目ということで、箱の中の内張り(ライニング)&ヒンジ&アーム取り付けにも挑戦して頂きました。

     
              蓋をあけるとこんなに華やか

やっぱり小さなサイズの茶箱は、開閉も多いので、こんな風に内張り(ライニング)されていると、開けるたびに、暖かい華やかな気持ちになりますね〜。

Hさま、2回にわたるレッスンでお疲れになったと思いますが、とても爽やかにお持ち帰りになられました〜。
ありがとうございました


この赤の生地は、ちょうどあと1つ分、のりMサイズを作れるほどの生地が残っておりま〜す。
⇒ご予約済みとなりました 






calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM