デザイナーズギルド/モーブピンクのクロコの茶箱♪

先日のレッスンで誕生しました美しいモーブピンクのクロコの茶箱♪

昨年10月の茶箱トーキングから、「メイン生地選び」→「合わせ生地選び」→「タッセルプラン」→「装飾プラン」と、本当に長い期間を経てじっくりとひとつづつ厳選素材を探しながらのなが〜い道のりでしたびっくり

 

ピンク。それもビビットではなく、大人で美しいピンクをお探しだったS様ハート

 

まず最初に決まったのが「メイン生地」  

デザイナーズギルドのモーブピンクです矢

 

  

タフタフのベルベットがクロコダイル調にデザインされた、贅沢な質感のお生地ピカピカ

 

 

こちらが決まっただけでは、まだまだ茶箱制作にはうつれません。

これに似合う「合わせ生地選び」は、もっと慎重ですメモ

 

   

 生地ブランド各社を回り、似合いそうなピンクやグレーのサンプルを集めて回りました足跡

 

外レールをグレー系にするのか、ピンク系にするのか、出来上がりの印象は大きく変わってきます。

モデルルームのように、スタイリッシュな茶箱に仕上げていくのも魅力的矢印上ですが、やはりS様のような柔らかな雰囲気、

アットホームで、温かみのある、豊かな表情も出してみたいものですポイント

 

 

S様は、以前に作られたという5Kのインテリア茶箱うさぎのリメイクレッスンと、新たに長椅子茶箱レッスンの2点制作をご希望♪

 

   

     まずは5Kサイズの茶箱が生まれ変わりましたとんかち

 

 

この柄出し、総柄ですが、どの部分を出すかが肝心です。

クロコの表情たっぷりすぎて、小さい茶箱だけに画角を選ぶ選ぶびっくり

迷う迷うびっくり 考える考えるびっくり

 

まるでUFOキャッチャーのように、ばっちり正解的の一点を狙いますポイント

 

   

  90冑の長椅子茶箱は、こんな風に流れを出すことにしましたポイント

 

そして装飾計画へ〜リボン

まずはタッセル選び赤

これは、悩ましいながらも楽しい一時うさぎうさぎうさぎ

 

2度目の茶箱トーキングにいらしていただきました時、玄関の60Kのブルーの茶箱に取り付けていたこちらのタッセルをご覧になられ同じパターンでというリクエストを頂きましたニコッ

 

 

そう♪この美しいタッセルピカピカ

私たちがお世話になっているサリータッセルの町田先生のオリジナルデザインです。

 

上品で、可憐で、優雅で、美しい・・・そして大人な・・

本当に胸がキュン赤とするようなタッセルなのです。矢

 

60Kサイズはとても大きな茶箱です。メモ

生地はラグジュアリークラスのものを使いますため、二人の主役がいるようなもの。

その生地の格とバランスがとれるようなタッセルで、お気に入りのものが見つけられなかったのですあせ

一般的なカーテンタッセルではタッセルの迫力が出過ぎてしまう。または負けてしまう。涙

そんな 悩み と 探求 から通い始めたサリータッセルさんでのレッスンはさみ針

ボリュームがあるのにキュン天使とするかわいいタッセル。

ようやく出会えたタッセルデザインでした矢

 

京橋展示示会に出品しました「シェ・ミキ/60K茶箱/デコラティブダマスク」に取り付けた時のタッセルは、自宅用でしたので、レッスンに通って完成させておりましたが、今回はお客様の作品用ですので、町田先生にフルオーダーでお願いいたしました♪

そして、このタッセルの名前は、「エリザ」と名付けられましたポイント

 

南青山にアトリエ&教室をお持ちで、三越の英国展イギリスには毎年出展されていらっしゃいます。鐘

ちょうど来週から始まる、日本橋三越の英国展イギリスのスペシャルサイトにも特集されていま〜す。こちら

 

 

     

       いつまでも眺めていたいフライヤー

 

 

   

  バレエ踊りだしそうな、華やかさにあふれていますバレエ

 

色のバランス、ボリューム感なども計算されしつくした洗練デザイン。

これらの黄金比率を見つかるまで、たくさんの試作をしてくださっているのです〜涙

 

私たちが素材生地を持参して、お願いしたのは、この色合いのタッセルでしたが、完成品を受け取りに行くと、もう1点、第2プランをご用意くださっていました。

「もしかしてこちらの方も似合うかもしれないから、両方持って帰って、実際の茶箱にあてて、いい方をお使いになってくださいね♪」と・・おっしゃってくださり。また感激涙

 

 

S様を含め私たち3人の最初の印象では、どちらもピッタリ似合うので、悩みましたが、左のメリハリあるタッセルで一致していましたうさぎうさぎうさぎ

 

ところが、制作を進めていくうちに、どんどん迷ってきましたあせ

ある日は、右側の第2プランの方が、全体として美しく見えたり、ある時は、やはり左のタッセルでぐっとしまったテイストが必要に感じたり・・。

そして、悩みに悩んだ結果、最後に選びましたのは、実は先生がひそかにご用意してくださっていた第2プランの方だったのです鐘

 

この展開も・・町田先生は予想されていらしたのでしょうかDocomo108

 

 

美しいニュアンスカラーの連続。上品で、柔らかく、美しいです矢印上

  

 

 

  5Kのタッセルもオーダーものですポイント   

 

美しいピンクがほどよくミックス。

小さいけれどカジュアルではなく、軽やかで、エレガント矢

この形は、私たちが小さな茶箱用(1K〜5K用)にと1年ほど前からお願いをしていて、先生が考え出してくださったデザインなんですよ。名前は「ベス」。若草物語Docomo108

 

最近のシェ・ミキでは、「ベス」も大人気なんです鐘

次々とベスをあしらった茶箱が誕生しています。

2種合わせて エリザベスDocomo108 また時々ピックアップ&ご紹介いたしますね〜うさぎ

 

 

 

    そして長椅子茶箱が完成鐘

 

   

    開けても素敵〜矢印上

 

生地の持つインパクトをやわらげ、生かしたデザインが誕生鐘

この一番最後のフリンジ選びも、1か月ほど悩みました〜。

当初はロープ仕上げの予定でしたメモ

完成が近づくうちに、より細かい作り込みをしていく喜び。

何種類かのブレードやサンプルを実際にあててみて、最後もまたより慎重に選びました。足跡

 

   

     そして、このように晴れて2点セットで完成拍手

 

ゴージャスな逸品同士の足し算&引き算だからこそ生まれた極上の逸品ピカピカ

こんなにも長い時間をかけ、どの選択も慎重にしてくださったS様。

私たちも、たくさんの勉強をさせていただきましたニコッ

 

クッション用のお生地も別にご購入されていらっしゃり、また今後、お揃いミラーなど作りにいらしてくださります。

 

ハードな個性のお生地での出発でしたが、こんなにもお嬢様のような表情が誕生しました。

もう嬉しくて嬉しくて・・リボン赤

 

後日受け取りにいらしていただきましたときには、本当に寂しい気持ちになり見送りました。涙

 

とはいえ、自分たち用にもしっかり同じお生地を購入いたしましたので、アトリエ用のスツールを作ろうなんて思っておりますびっくり

 

 

 

ハートハートハートハートハートハートハートハートハートうさぎハートハートうさぎハートハートハートうさぎハートハートハートハートうさぎハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

お稽古サロン Chez Miki(シェ・ミキ)


姉妹で運営する女性専用のお稽古サロンです。
神山サロン&茶箱サロンの2か所でレッスンを行っております。

カービングポーセリンペインティングフレンチデコ/ディプロマコースフルーツアートインテリア茶箱のほか、単発カルトナージュやタッセルレッスンを行っております。

最寄駅:渋谷駅 or 代々木公園(千代田線)
それでは、ご連絡お待ちしておりま〜す
 okeiko-info@chez-miki.com

 
ハートハートハートハートハートハートハートハートハートうさぎハートハートうさぎハートハートハートうさぎハートハートハートハートうさぎハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM