フローラ・ダニカ展 (第1章)

久しぶりに、ポーセリンペインティングからのインフォメーションとなります

来週12月2日(月)、3日(火)に、恵比寿QED CLUBにて、「フローラダニカ展」が行われます。
これから3年間をかけて、続くフローラダニカ展の第1章。

日本ではブルーのクリスマスプレートや、ブルーフルーテッドなどの食器で知られているロイヤルコペンハーゲンですが、フローラダニカのシリーズをご存知でしょうか


    
         石井逸郎先生のブログページより画像をお借りしています。

ロシアの女帝エカテリーナ2世に献上するために作られたディナーセット。
フローラダニカ植物図鑑のモチーフが描かれた、繊細で贅沢な美しいシリーズです。


今回の展示会は、日本で初めて、ロイヤルコペンハーゲンの上絵付部門で、「フローラダニカ」の制作を手がけられていた石井逸郎先生の作品や、クレスティップス(絵付け教室)の作品が並ぶ展示会です。

たった一枚の葉っぱを描くにも、筆の中で何種類ものグリーンや、他の色を含ませ、その色合いを正確にコントロールしながら、その表情を描き分けていく・・・。

普通は、色を加えていくと、どんどん黒ずんでしまいますが、クレスティップス(スカンティップス)では、色同士を混ぜるのではなく、正確に濃淡が出せるような含ませ方をしているのです。

これ以上そぎ落とすことができないほど余分な色や余分なものは描かず、また必要な限り十分に色を加えていく・・・。

澄み切った鮮明さと、緊張感までがつたわってくるような透明感を追及していく石井先生(スカンティップス)の世界。

息を飲むような、圧倒的な美しさ・・・・。
     


(ハガキより一部抜粋)

フローラダニカの原画をもとに、ヨーロピアン上絵付け技法で描きました器と、和の色彩に変換した器の展示会を2013年より3部構成で開催いたします。
制作に妥協を許さない頂点を目指した作品を、芸術を志すすべての分野の方々にご覧いただければと思います。
1761年の初版を含めた貴重な原画も同時に展示いたします。



      

     「西洋磁器と抹茶茶碗に描くフローラダニカ」

  会 期 :2013年12月2日(月)11時〜18時/ 3日(火)11時〜16時
  会 場 :QED CLUB 
        東京都目黒区中目黒1-1-29
         03-3711-0006
  入場料無料


当日フローラダニカ複製原画の販売も行われるそうです。

「美しいもの」にご興味のある方は、滅多にない貴重な機会ですので、是非お出かけになってみてくださいね


  





    
    



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM