深紅のエチュード(by Carving 作品展)♪

 

 


3
年半ぶりに開催された カービング スタジオ Sの教室作品展に出品し、本日、無事閉会しました

 

今回は『深紅のエチュード』というタイトルで、異素材を組み合わせたXmasのテーブルをコーディネイトしてみました

 

深紅のエチュードって・・・・

そうです

ちょうど、タイトル締め切りの日間際に、松田聖子の特集をテレビでやっていたので、『ピンクのモーツァルト♪』と『野ばらのエチュード?』からつけたタイトルです。

 


     


私は作品展に出品するときは、いつも色から決めるのです。

今回は元気になりたくて、どうしても赤いテーブルにしたかったので、ボルシチなどに使われるお野菜のビーツをふんだんに使用して、それに合う真っ赤なスパンコール入りのオーガンジーの布を用意しました

ビーツのゴツゴツ感を引き出せるよう、赤のオーガンジーの下に焦げ茶の布と、おなじく焦げ茶のオーガンジーを組み合わせて、重厚感を出しました。

7月の絵付けの展示会(SCAN TIPS展でお花のコーディネイトをしてくださった関口布樹子さん(PAPHIO)さんに,今回もまたグリーンの置き型リースを作っていただき、ビーツの切り出しのバラを飾りました


    
   カービング&フルーツアート&お花のコラボでクリスマスリース


フルーツアートの手法で蕪のちょうちょを作り、触覚にパイナップルの葉っぱをあしらいました

 
     
          ビーツでバラのアレンジ


      

            ハネジューメロン



     
    この数年マイブームのHARNN(タイのエステブランド)の石鹸を使って

     

         横長のお米型シルエット


      


     

      煙の出にくい、環境にも優しいソイキャンドルを
      黒いキャンドルホルダーに入れて


 

     
      クラウン(王冠)の中に半透明の石鹸で作った小花たち

 


カービング展示会 ご案内ハガキ
好評につき、連日すぐになくなってしまいましたので、ごらんください


  


     
       最近のChez Mikiでは、モーツアルトベアが大活躍
 

 

今回はタイの伝統文化とはいえ、ドンドン進化していっているカービングを目の当たりにして、とてもよい刺激を受けました。

 

準備に追われて大変だった分、感動もひとしおです。

ご来場くださりました方々、この場をかりまして、ありがとうございました。

 







 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM