ダマスク&ストライプの茶箱たち♪

中学時代から?十年越しの親友さん同士、家族ぐるみのお付き合いとなり、今でも海外旅行にご一緒に出かけられている・・・・という、とても素敵なお客様2人組をお迎えしての茶箱レッスン。

お持込み頂いた生地で、こんなにも息がぴったりあった、美し茶箱が2点誕生しました

お二人ともが違う場所でご準備されたそれぞれの生地だったのですが、打ち合わせたわけでもなく、偶然にも生地のデザイン、質感、色合い共に、そっくりでした。
これには、本当に驚きました



  
        偶然にも、ダマスクやピンストライプの組み合わせ

「好きな色、好みが同じなんです」とおっしゃっていましたが、本当にその通り

お二人ともから、フタ用の生地、ボディ用の生地2種類づつを、事前に裁断するためお預かりしていましたが、それぞれを組み合わせてシュミレーションしているときに、お二人の生地組み合わせが入れ替わってもしっくりくるデザインであることを発見し、裁断時に、ちょっと混乱しそうになるほどでした。


     
          Nさまのブルーグリーンの茶箱

美しいボーダーのグラデーションがベースになった、ダマスク柄をフタに。
ブルーグリーン系のピンストライプ生地をボディにと選ばれました。

     
          グラデーションの幅、濃淡がとても素敵な布です。              

この2種類の布の雰囲気を生かして、外レール部分は、共布ではなく、艶やかで、フタのこげ茶と一体感のある生地で、フタとボディをニュートラルにつないで頂くこととしました。

N様ご自身のように、正統派そして気品ある茶箱に仕上がりました〜。



     
        Kさまのボーダーダマスク&こげ茶のピンストライプ茶箱



     
      ボディの生地は、光沢があり、レリーフが美しく浮き上がって見えます。

濃いこげ茶のピンストライプ生地と、ボディの淡い色合いを調和させるために、こちらも外レールは無地のこげ茶をお使い頂きました。
うーん。こちらも端正で、洗練された雰囲気〜。

ピンストライプ生地をお使いになるパーツが、N様はボディ、K様はフタと、ちょうど反対の組み合わせを計画されていたことにも、やっぱり「息があっている」お二人の関係(一体感)が感じられました

どちらの二つも、生地の光沢を生かして、光を取り込んだような、美しい上品な仕上がりになりました


初回にてのストライプ生地挑戦でしたので、今回はワンハーフDayレッスン(9時間程度)となりましたが、ストライプがゆがまないよう、本当に丁寧に丁寧に作業して下さいましたので、初回とは思えない、とても素晴らしい出来上がりに・・・

もう、私たちも大満足です

綿を巻いただけの茶箱に、生地をパサリと置いただけなのに、「わぁ、もう出来上がったみたい」との感嘆に始まり(笑)、工程が進むごとに、お二人が、「かわいい、かわいい」と、ご自分の、そしてお互いの茶箱をナデナデしてあげている姿が、本当に微笑ましくて・・・・。

N様の茶箱も、K様の茶箱も、「嬉しい&楽しい」気持ちがいっぱい詰まった茶箱に仕上がりましたので、もう物を収納できないかもしれないですね〜
一緒にレッスンさせていただいた私たちまで、新鮮な喜びに満たされたひと時でした。


そうそう、一日目のレッスンで片手タッカー使いに苦労されていたKさまが、素敵なアイデアをお授け下さいました。タッカーに一工夫加え、両手打ち⇒片手打ちがの素晴らしいアイデアで〜す。
早速、使わせていただきます・・・。


出来上がった素敵な茶箱を、末永くかわいがってあげてくださいね
楽しいひと時を、ありがとうございました。


シェ・ミキでは、より丁寧に作業をして頂ける1.5Day レッスンもご用意しております。
思わず気が焦ってしまう、ロープ、タッセル、ブレードの作業も、慌てずゆっくり仕上げて頂けます。
とっても中身の濃いレッスンになるので、こちらもお勧めです

お問い合わせは
okeiko-info@chez-miki.com
までお願いいたします。

シェ・ミキHP&茶箱のご案内はこちらから













calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM