スカンティップス展 (食器編)

3日の展示会が終わった夜から、また風邪をひいてしまいました。
すっかり気が緩んでしまったのかもしれません・・・。

少しずつ写真を整理しています。


                展示会オープン直前です。
   
他に出展されていた方のどのテーブルも、とっても共感できる大好きなテーブルでした。

自分の作品作りはもちろん、テーブルクロス、お花などの演出もすべてコーディネイトするという、本当にめったにない機会を頂きました。

テーブルの上のものすべてで、一つのストーリーが見えるように。
この半年、頭の中に色々なプランがひらめいては、消えて・・・を経て、形になったのが今回のテーブルです

「食器編」・「テーブル小物編」・「茶箱編」・「フラワー編」と、順を追って、記憶の新しいうちにブログアップしていこうと思っています。


     
       ケーキ皿(Wild Rose)とティーカップ(りんごの花)

準備は、まず食器選びから始まります!

ほぼ決めていた食器候補があったにもかかわらず、お教室で色々な食器を物色している間に、ついつい心が揺らぎ、何と年が明けてから、同じブランド(KPM)の別シリーズに変えてしまいました

これが苦労の始まりだったと・・・・。

ケーキ皿は、リム(縁)がほとんどなく、面が広いフラットなタイプです。
この面の広々とした部分が、気持ち良いぐらいにピンときてしまいました。
白磁の時点で、すでに、ゴージャスな凹凸のあるレリーフが施された食器なのです。

     
            コスモスのティーカップ&ソーサー

ソーサーの真中ではなく、端にティーカップをセットするタイプです。
ソーサーの内側に、ちょこっとクッキーを添えられる!と、この形に飛びつきました。

そして、このセットを作るにあたって、絶対にしようと思っていたことは・・・

     

ゴージャスなレリーフの一部を、窓に見立てて、植物の名前を入れること!
カップのハンドルを、木の枝のように、ブラウンとグリーンで仕上げること!

でした

選んだモチーフは、11種類。(多すぎます。)

ケーキ皿: ストロベリー、クロッカス、すずらん、野バラ、コーヒーの木、オリーブの木、チェリー

カップ&ソーサー: スノードロップ、ハニーサックル、コスモス、リンゴの花

後に、この自分で選んだモチーフの多さに、振り回されることになりました。

     
        ティータイムには、やっぱり3段トレイは欲しいし・・。

この上に、オードブルや、チョコレート、スコーンやサンドイッチを、のせた〜い。

     
         40センチ×30センチのオーバルの大皿(ヒヤシンス)

当初は、このシリーズの食器に、このようなしっかりした色調で、伝統的フローラダニカ?のように描こうかと思っていました。
が、食器自体のシリーズを変えるという心変わりをしてから、絵のデザインや色調も、(アンティーク調⇒ナチュラル感)と、テーブルのテーマ自体も含めて、大きく変化していきました。

はたして、どちらで進むのが良かったのか
自分でも、「 IF 」のもう一つの姿を見てみたい気がしています。

今すぐ、また大作に取りかかる気にはならないのですが、いつか・・いつか・・・・ですね


次は、テーブル小物編です!













    


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM